MENU

サボンモーヴはきしむ?

サボンモーヴを使った方の口コミの中でよく見られるのが「髪がきしむ」というものです。

 

サボンモーヴに限らず石鹸シャンプーで髪を洗ったことのある人なら、このきしむ感じはご存知ですよね。

 

中にはこのキシキシした感触が苦手、という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

サボンモーヴも石鹸シャンプーの1つなので、同じようにきしむ感じはあります。

 

大分キシキシ感は抑えられているので気にならない方が多いと思いますが、少しでもきしむのが苦手な方には困りものです。

 

せっかく髪の毛や頭皮に良いと聞いてサボンモーヴを使い始めても、このきしみが嫌でやめてしまうようではもったいないですね。

 

 

そこで今回の記事では、石鹸シャンプーで髪の毛が軋む原因や、嫌なキシキシを抑える方法について書いていきたいと思います。

 

 

サボンモーヴで髪がきしむのはどうして?

はじめにも書きましたが、サボンモーヴはきしむといっても他の石鹸シャンプーよりだいぶマシです。

 

サボンモーヴは確かに固形石鹸ですが、保湿成分や美髪成分が含まれているため、本当に普通の固形石鹸で洗ったようなギシギシの感じにはならないと思っていてくださいね。

 

 

さて、この石鹸で髪を洗ったときのきしみはなぜ起こるのか?
まずはきしみの原因から見ていきましょう。

 

 

サボンモーヴはノンシリコンだから

サボンモーヴがキシキシする理由の1つは、ノンシリコンだからです。

 

一般的なシャンプーには「ジメチコン」「シクロペンタシロキサン」といったシリコン成分が含まれています。

 

このシリコン成分は髪の毛のキューティクルにへばりつく性質があります。

 

ぬるぬるした感触なので摩擦が起きにくくなり、指通りが良くなって髪の毛同士が絡まったりするのを防ぐメリットがあります。

 

シリコンが髪の毛にあまり良くないとされているのは、頭皮にもへばりついて毛穴を塞いでしまうからと言われています。

 

最近のシリコンは性能が良くなったので毛穴を塞ぐ事は無いとも言われていますが、ノンシリコンシャンプーや石鹸シャンプーを選ぶ方の多くは

 

「髪の毛に余計なものがついている感じが嫌い」

 

なわけですよね。

 

メイクで言ったらすっぴん派のようなものだと思います。

 

 

そのイメージ通りで、サボンモーヴで髪を洗うことによって髪に余分なものがまとわりつかなくなります。

 

しかしその結果、ちょっとキシキシするんですね。

 

 

 

石鹸はアルカリ性に傾く

ノンシリコンと言うだけなら、液体シャンプーでもノンシリコンのものがありますよね。

 

しかし、石鹸シャンプーの場合はさらにこのキシキシ感が強まる傾向にあります。

 

その理由は、石鹸がアルカリ性だからです。
石鹸には大きく分けて2種類ありカリウム石鹸とナトリウム石鹸がありますが、そのどちらもアルカリ性。

 

このアルカリ性がきしみを感じるもう一つの理由になっています。

 

 

実際はこのアルカリ性は一時的なもので、頭皮から皮脂が分泌されることによってすぐに弱酸性に戻ります。

 

洗い上がりはキシキシしていますが、乾かしてしばらくした後はサラサラになるのはこのためです。

 

 

 

 

髪が傷んでいるとさらにきしみを感じる

健康な髪の毛の人はそこまできしみを感じないのですが、パーマやカラーリングを繰り返して髪の毛が痛んでいる人は特に強いきしみを感じることがあります。

 

髪の毛が痛んでいる人はキューティクルが開いてしまっているので、通常よりも摩擦力が強くなり、それがきしみの原因となっているのです。

 

 

 

きしみを和らげる方法
「髪の毛にシリコンとか余分なものがつくのは嫌だけど、洗った時のきしみもイヤだ」という方は多いと思います。

 

ここでは石鹸シャンプーで髪を洗ったときにあまりきしまなくする方法について書いていきます。

 

 

酸性リンスを使う

「クエン酸リンス」ご存知でしょうか?

 

石鹸シャンプーを長く続けている方なら既に使っているかもしれませんが、髪を洗った後にクエン酸リンスで仕上げることで髪のキシキシが抑えられます。

 

これはクエン酸が酸性なので、石鹸によってアルカリ性に傾いた髪の毛を弱酸性に戻してくれる働きがあります。

 

 

 

頑張って1ヶ月続ける

とにかくサボンモーヴを1ヶ月続けるみることでことで髪の毛の痛みが改善し、そこまできしみを感じなくなってくるという事があります。

 

すぐに効果の出る方法ではありませんが、きしみに慣れてきて気にならなくなることもあるのでまずは続けてみてください。

 

ここを我慢できずに市販のシャンプーに戻ってしまうと、使用感は良いですが、健康な髪の毛は育たないかもしれないので…できるだけ頑張りましょう。

 

 

 

きしみを感じる時は摩擦が高いので注意

最後に、少数派かもしれませんが「石鹸シャンプーのキシキシ感が最高!」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

汚れが落ち切っている感じがして気持ちいい、という感覚ですね。

 

しかし、この感触が好きだからといってあまりこのキシキシ感を楽しんでいると、摩擦によって髪の毛を痛めてしまう可能性があります。

 

摩擦はキューティクルを痛めてしまう髪の毛の大敵ですので、石鹸シャンプーで洗った後の髪取り扱いには充分注意しましょう。

 

 

まとめ

●サボンモーヴも若干髪がきしむ
●きしむ理由は…

  • ノンシリコンだから
  • アルカリ性だから
  • 髪が痛んでいると余計きしむ

●きしんでいるときは摩擦が強いので注意が必要

このページの先頭へ