MENU

そんなに泡立てる必要ってあるの?サボンモーヴ超濃密泡の理由

サボンモーヴはノンシリコンのシャンプー用固形石鹸です。
これまでにない新発想のスカルプケアなので、髪にハリやコシを蘇らせたいと思う女性にとっては気になるアイテムなのではないでしょうか。

 

そんなサボンモーヴですが、固形石鹸なので先に泡立てる必要があります。
この泡立てが最初は難しく、公式サイトの画像のようなきめ細かい超濃密泡を作るにはある程度の慣れも必要になってきます。

 

「そんなに泡立てる必要あるの?」
と言う声も聞こえてきそうですが、サボンモーヴの効果を最大限に高めるためにも、ここはしっかりやったほうがいいです。

 

この記事では、どうしてきめ細かい泡を作ることがサボンモーヴの効果を高めることにつながるのか、についてお話しします。

 

サボンモーヴをちゃんと泡立てた方がいい理由

サボンモーヴに限らず、洗顔石鹸や液体シャンプーも細かい泡を作った方が良いと言われますよね。

 

これってなぜなんでしょうか?
しっかり泡立てるメリットについて説明します。

 

 

泡が汚れを浮かせて吸着する

頭皮や髪の毛の汚れは基本的に「脂」です。

 

これを石鹸の界面活性剤で落としていくのですが、落とす前に必要になるのが「汚れを浮かせる」というステップです。

 

泡立っていない界面活性剤は濃度が高く成分が強そうに思えますが、実際はへばりついた脂汚れを落とすことができていません。

 

これは油まみれのフライパンを洗剤で洗うとき、泡立っていないスポンジでこすった経験のある人なら、よく分かるのではないでしょうか。

 

 

汚れは落とす前に「泡で浮かせて包み込む」ことが大事なんです。

 

 

濃密な泡ほど浮かせる力が強い

泡のクオリティも大切です。

 

おおざっぱに作った荒い泡では効果が弱く、また包み込める脂汚れの量も少なめです。

 

丁寧にきめ細かく作った泡は浮かせる力が強く、だれないので長持ちもします。

 

丁寧に泡を作るのは大変ですが、手をかけた分だけ泡は応えてくれるものですよ。

 

 

泡立てることですすぎが楽になる

泡立てることは汚れをより落とせるだけではありません。

 

すすぎの際に簡単に流せるというメリットもあります。

 

正しいシャンプーの方法としてよく言われることですが、洗う時間よりすすぐ時間の方を長めにとったほうがよいということがあります。

 

シャンプーや石鹸の成分が頭皮に残ってしまうと、それが刺激となってトラブルを招いてしまうんですね。

 

しっかり泡立てないと、石鹸の濃度が濃いのでなかなか流れ落ちてくれません。
泡を作ることでさっぱりと落とすことができるんです。

 

 

泡はクッションになる

濃密な泡はモチモチしていてクッション性があります。

 

これは髪の毛と髪の毛が擦り合わさる時の摩擦を防ぐことができるんです。

 

摩擦は髪の毛のキューティクルを痛めてしまう、美髪の大敵です。

 

頭皮にしてもゴシゴシとこすってしまうと表面の角質が荒れ、失われたバリア機能を補うために皮脂が過剰分泌されてしまいます。

 

濃密な泡を作れば作るほど、頭皮や髪の毛の表面を傷つけず、汚れだけを効果的に落とすことができるようになるんですね。

 

 

まとめ

  • 泡が汚れを浮かせて包み込む
  • 濃密な泡ほど汚れを浮かせる力が強い
  • すすぎが楽になり、成分が頭皮に残らない
  • 摩擦を防ぐクッションにもなる
このページの先頭へ